仮想通貨

【Braveの拡張機能】Chromeウェブストアがそのまま使える!特徴や入れ方を解説

【Braveの拡張機能】Chromeウェブストアがそのまま使える!特徴や入れ方を解説

Braveの拡張機能ってなに?どうやって入れれば良いの?

この質問にお応えします。

広告をブロックできることで話題のBraveブラウザですが、Google等で使っていた拡張機能が使えなくなってしまうと、やはり不便ですよね…。

便利な拡張機能はBraveでも使いたいハズです。

そこで今回は、Braveの拡張機能について、分かりやすく解説します。

この記事を読めば、Braveの拡張機能の使い方がバッチリわかります!

<<あわせて読みたい>>

【bitFlyerとは?】ビットフライヤーの特徴やメリットを仮想通貨初心者向けに解説

※本サイトは、【PR】アフィリエイト広告を含みます。


初心者にも使いやすい仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み

Braveの拡張機能とは?

まず初めに、拡張機能とは「ブラウザの機能を増やしたり、強化する追加プログラム」のこと。

自分に必要な機能をチョイスして、自由にカスタマイズする事ができます。

Braveには、予めいくつかの拡張機能が入っていますが、それとは別にGoogleの「Chromeウェブストア」からインストール可能です。

BraveはGoogleChromeをベースに設計されているので、同じ拡張機能を使えるんですね。

なおインストール後、不要になった拡張機能はChromeウェブストアでいつでもアンインストールできるので、安心して利用できます。

ただし、拡張機能はブラウザ版でのみ利用可能です。スマホでは使えないので注意してください。

<<あわせて読みたい>>

【Braveアプリ】インストールや使い方、仮想通貨BATを稼ぐ方法とは?

Braveの拡張機能の入れ方

拡張機能をインストールする手順を紹介していきます。

やり方は以下の3ステップです。

  1. 設定→メニュー一覧から、「拡張機能」をクリック
  2. 「拡張機能をさらに取得」をクリックし、ウェブストアを開く
  3. 導入したい拡張機能をインストールする

設定→メニュー一覧から、「拡張機能」をクリック

BraveのTOP画面、右下に歯車のアイコンがあります。

まずはこれをクリックして、設定画面をひらきましょう。

次に、表示されたメニュー一覧の中から「拡張機能」をクリックします。

「拡張機能をさらに取得」をクリックし、ウェブストアを開く

表示された拡張機能一覧の中から「拡張機能をさらに取得」をクリックします。

すると、Chromeのウェブストアのページがひらきます。

導入したい拡張機能をインストールする

画面左上に表示されている検索ボックス内に、欲しい拡張機能の名前を入力して検索しましょう。

名前が分からない場合は、機能を元にカテゴリから探すか、サイトのオススメを参考に選ぶこともできます。

欲しい拡張機能をクリックし、画面右上に表示される「Chromeに追加」を押してください。

この際、Braveのセキュリティが反応する場合もありますが、特に問題はありません。

「拡張機能を追加」をクリックして拡張機能をインストールしましょう。

<<あわせて読みたい>>

Braveブラウザの使い方【ブレイブなら広告なしでスッキリWebサーフィン】

Braveの拡張機能

この項では、Braveを使う上でおすすめの拡張機能を4つ紹介します。

  • DeepL
  • Hangouts
  • Interplanetary File System (IPFS)
  • MetaMask

すべて基本無料でつかえるので、是非ご活用ください。

DeepL

超高性能のAI翻訳ツールです。

翻訳したい部分を選択し、「選択したテキストを翻訳」をクリックするだけで瞬時に翻訳してくれます。

対応言語は29言語。※2023年4月時点

Google翻訳よりも自然な翻訳結果になると評判で、海外の方ともスムーズなコミュニケーションが取れるほど高い精度を誇ることから、全世界で何百人ものユーザーから利用されています。

使用方法も非常にシンプルです。

DeepLに文章を入力する事で、瞬時に翻訳されていきます。

また、Webサイトの所定部分を選択し翻訳することも可能です。

ただし、Webサイトのページ全体翻訳は有料サービスとなるので、必要に応じて利用しましょう。

<<あわせて読みたい>>

【Braveブラウザの安全性】仮想通貨BATの稼ぎ方も解説

Hangouts

Hanfguouts(ハングアウト)は、Google Chatの利用設定時に使います。

以前は「Googleハングアウト」を使うための拡張機能でしたが、2022年にGoogleハングアウトの機能はGoogle Chatに移行されました。

Google chatはチャット機能のほか、ダイレクトメッセージの送受信、通話、ビデオ会議等が行えます。

また以前に比べて、PDFなど送れるデータの種類が増えたり、作成したチャットルーム内でスレッドが建てられるようになるなど、機能がアップデートされました。

Googleアカウントがあれば無料でつかえる上に、ビジネスでも活用できる機能が充実しています。

<<あわせて読みたい>>

【Braveで広告が消えない】広告を消す5つの対処法と消せない広告について

Interplanetary File System (IPFS)

Interplanetary File System(以下、IPFS)は、ファイルやデータがネットワーク上を移動するプロトコル(通信方法)です。

P2Pとも呼ばれるネットワークで、サーバーを介さず、ネットワークに接続した端末(スマホなど)同士で直接データファイルを共有する通信技術です。

チャットアプリのLINEや、仮想通貨のビットコインでも利用されています。

IPFSをオンにしておくことで、データを分散管理できるようになり、端末にかかる負担を軽減。回線が速く、処理速度が速くなります。

<<あわせて読みたい>>

【Braveで広告ブロック】仕組みやメリット、注意点を解説

MetaMask

MetaMask(メタマスク)は、キツネのアイコンが特徴的な拡張機能です。

使用用途は仮想通貨やNFTなど、ブロックチェーンを用いた暗号資産を管理する際に使用する、ソフトウェアウォレットです。

わかりやすく言うと、仮想通貨とNFTが入れられるお財布ですね。

NFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲーム等を利用する際に、MetaMaskを連携させることで決済や取引を行うことができます。

また、仮想通貨のスワップ(交換)や、取引時に生じるガス代(手数料)の設定も可能です。

イーサリアムと、それと互換性のあるブロックチェーンに対応しているので幅広く利用できます。

仮想通貨やNFTを買うなら、必須ともいえる拡張機能です。

<<あわせて読みたい>>

【Braveウォレットとは?】メリットや特徴、始め方、使い方を解説

BATを稼ぐには?

広告ブロックが強みのBraveですが、あえて広告を表示することで仮想通貨を貰えるサービスがあります。

「Brave Rewards」という機能で、これをオンにすれば、Braveを利用するほどに仮想通貨「BAT」を稼ぐことができます。

Brave RewardsはBraveの標準機能なので、拡張機能を入れる必要はありません。

設定画面をひらき、Brave RewardsをオンにすればOKです。

その際に「表示する広告の最大数」を、最大の「1時間に最大10件の広告」に設定しておくことをオススメします。

表示される広告はBrave特有の小さい広告のみで、煩わしさは少ないでしょう。

なお、BATを換金するには日本の仮想通貨取引所「bitFlyer」の口座の連携が必要です。

口座開設は無料なので、まだ口座をお持ちでなければ、これを機に開設しましょう。

<<あわせて読みたい>>

【ベーシックアテンショントークン(BAT)とは?】特徴や価格、今後について『初心者向けに仮想通貨を解説』

まとめ Braveの拡張機能

今回はBraveの拡張機能について解説しました。

BraveではGoogle Chromeと同じ拡張機能が使えます。

本記事で紹介したDeepL等の優れた拡張機能に加えて、ご自身に合ったものを導入して、より快適なネット環境をつくりましょう!

<<あわせて読みたい>>

【Braveブラウザの評判】仮想通貨が稼げる?本音で語るメリット・デメリットとは?



初心者にも使いやすい仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み

  • この記事を書いた人

長谷川貴光

ファイナンシャルプランナー(FP3)SEOコンサルティング・Webライティングのお仕事も行っています。インデックス投資・米国株投資などの記事作成が可能です。SEO集客や売上アップにお困りの方は、ぜひTKAソリューションにご相談ください! 仮想通貨投資は5年目。仮想通貨の長期積立で時価は倍になりました。投資の始め方や注意点ついて、初心者の方向けにわかりやすく解説していきます。

-仮想通貨
-

Copyright© TKAソリューション , 2024 All Rights Reserved.