仮想通貨

Decentraland(MANA)とは?特徴や価格、今後について『初心者向けに仮想通貨を解説』

Decentraland(MANA)とは?特徴や価格、今後について『初心者向けに仮想通貨を解説』

Decentraland(MANA)って聞いたことがあるけど、どんな仮想通貨?  

仮想通貨を買ってみたいと思っても、なんだか怖くて一歩踏み出せないですよね。 

この記事を最後まで読むと、 Decentralandの特徴やビットコインとの違い、今後の可能性などがわかります。

なお、国内取引所で取り扱いのない仮想通貨を購入するには、コインチェックなどの国内取引所で仮想通貨を購入し、バイナンスなどの海外取引所に送金して、購入することができます。



初めて仮想通貨取引を始めるなら

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み
安全・安心の国内取引所
※本サイトは、【PR】アフィリエイト広告を含みます。


初心者にも使いやすい仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み

Decentraland(MANA)とは?

Decentralandは、2020年にリリースされたNFTゲームです。

仮想通貨MANAとは、Decentralandのゲーム内で使われている通貨を指します。

ICOをして開始からわずか数十秒で約20億円の資金を調達しました。

注目度の高さがうかがえますね。

 ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、独自の仮想通貨を発行して企業から資金調達を行う手段のことをいいます。 

Decentralandではメタバース上にアイテムや建物をカスタマイズして、自分のコンテンツを作りあげることも可能です。

<<あわせて読みたい>>

【NFTゲームとは?】特徴やメリットについて『初心者向けに仮想通貨用語を解説』

Decentraland(MANA)の特徴

Decentraland(MANA)の特徴

Decentralandの特徴は3つあります。

  • Decentraland内で土地やアイテムを買える
  • イーサリアムブロックチェーンを活用している
  • DAO(自律分散型組織)で運営されている

詳しくみていきましょう。

Decentraland内で土地やアイテムを買える

Decentralandでは、VR空間内で「LAND」と呼ばれる土地やアイテムを購入できます。

購入したLANDやアイテムは自由にカスタマイズが可能です。

カスタマイズしたオリジナルコンテンツは他のユーザに公開できます。

購入したLANDで、イベントやゲームなどを開催も可能です。

ほかにも仮想世界としての機能だけでなく、デジタルアセットを取引するプラットフォームとしても活用されています。

購入したLANDやアイテムを売買して稼ぐことも可能です。

<<あわせて読みたい>>

【Coincheck NFTとは?】投資初心者におすすめのNFTマーケットプレイス

イーサリアムブロックチェーンを活用している

Decentralandは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン技術を活用しているNFTゲームです。

アイテムやLANDに関する情報がスマートコントラクトを使って、記録されブロックチェーン上で管理されます。

スマートコントラクトを簡単に説明すると、取引における契約を自動で行う仕組みのことです。

お金をいれたらジュースがでてくる自動販売機みたいなものだと考えてください。

Decentralandでは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン技術を使ってアイテムやLANDの不正ができない仕組みになっています。

<<あわせて読みたい>>

【スマートコントラクトとは?】特徴やメリットについて『初心者向けに仮想通貨用語を解説』

<<あわせて読みたい>>

【イーサリアムとは?】ETHの特徴や価格、今後について『初心者向けに仮想通貨を解説』

DAO(自律分散型組織)で運営されている

Decentralandが今までのNFTゲームと違うところは、DAO(自律分散型組織)により運営されていることです。

DAOは代表者や管理者がおらず、ブロックチェーンの技術を使いユーザが協力しながら運営管理します。

そのため、ユーザの意思決定に基づいた組織運営が実現可能です。

DecentralandDAOに参加するための方法は2つあります。

  • DecentralandのトークンMANAを保有
  • Decentraland上の土地LANDかEstateを保有

DAOがあるため、運営側が勝手にルールの変更や削除ができない仕組みとなっています。

<<あわせて読みたい>>

【DAOとは?】分散型自立組織を仮想通貨初心者にわかりやすく解説

Decentraland(MANA)とビットコインとの違い

Decentraland(MANA)とビットコインとの違い

Decentraland(MANA)とビットコインは、どちらも暗号通貨ですが利用用途が大きく異なります。

ビットコインは、仮想通貨として世界でもっとも有名で、日常生活で使える決済手段として作られました。

MANAは、Decentralandプラットフォーム上で使用される仮想通貨です。

このプラットフォームは、分散型の仮想空間で、ユーザーが自分のプロパティを所有したり、アバターを操作したりすることができます。

MANAはDecentraland内での使用を目的として作られた仮想通貨で、ビットコインは決済手段として作られた仮想通貨です。

<<あわせて読みたい>>

ビットコインとは?超初心者向けにBTCの特徴やメリット・デメリットをやさしく解説!

Decentraland(MANA)の今後の可能性について

Decentraland(MANA)の今後の可能性について

Decentralandは、VR技術を利用した仮想世界プラットフォームです。

今後、新規の企業とのパートナー契約や、Polygonのブロックチェーンとの連携など、さまざまな新しいビジネスチャンスが期待できます。

VR空間への関心が高まっているので、Decentralandはより多くのユーザに利用されるでしょう。

現在国内の取引所では、MANAは購入できません。関心が高まっていくにつれ、新規上場が期待されます。

これらのことから、Decentralandの今後の将来性は非常に高いと言えるでしょう。

<<あわせて読みたい>>

【ポリゴン(MATIC)とは?】特徴や価格、今後について『初心者向けに仮想通貨を解説』

まとめ Decentraland(MANA)について

まとめ Decentraland(MANA)について

この記事では、Decentraland(MANA)の特徴やビットコインとの違いや今後の可能性について解説してきました。

メタバースのVR空間を提供するDecentralandには、大手企業が参入してきており、かなり注目が集まっています。

将来的にメタバースが広がっていくうえでDecentraland上のLANDは、重要な役割を担っていくと考えられるでしょう。

メタバースの最先端を楽しむために、ぜひDecentralandをプレイしてみてください。

<<あわせて読みたい>>

【メタバースとは?】特徴やメリットについて『初心者向けに仮想通貨用語を解説』

なお、国内取引所で取り扱いのない仮想通貨を購入するには、コインチェックなどの国内取引所で仮想通貨を購入し、バイナンスなどの海外取引所に送金して、購入することができます。



初めて仮想通貨取引を始めるなら

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み
安全・安心の国内取引所


初心者にも使いやすい仮想通貨取引所

コインチェック公式サイト




最短5分のカンタン申込み

  • この記事を書いた人

長谷川貴光

ファイナンシャルプランナー(FP3)SEOコンサルティング・Webライティングのお仕事も行っています。インデックス投資・米国株投資などの記事作成が可能です。SEO集客や売上アップにお困りの方は、ぜひTKAソリューションにご相談ください! 仮想通貨投資は5年目。仮想通貨の長期積立で時価は倍になりました。投資の始め方や注意点ついて、初心者の方向けにわかりやすく解説していきます。

-仮想通貨

Copyright© TKAソリューション , 2024 All Rights Reserved.