Webライターになるには?Webライティングで稼ぐための3つの基本ステップ

Webライターになるには

Webライターを目指す人や、Webライターで副業をする人が増えています。

これはとても良いことだと思います。

なぜなら、Webライターはスキルアップをしながら、お金を稼げる仕事だからです。

僕はWebライターとしても活動しています。今では1記事で2万円以上の報酬をいただくことも。Webライティングの仕事だけで、月に20万以上稼ぐ時もあります。

そこで今回は、Webライターになるために必要な3つの基本ステップを解説します。

Webライターに挑戦したい人、Webライターでもっと稼ぎたい人は、ぜひ最後までお読みください。

Webライターになるには?

Webライターになるには?

Webライターになるには、クラウドソーシングサービスを利用することが良いです。

クラウドソーシングサービスとは、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

などのサービスです。いまは企業がオウンドメディアを運営して、SEOで集客をし、リードジェネレーションやリードナーチャリングをすることが活発になっています。

企業は良い記事が書けるWebライターを探しています。だから、質の高いWebライターになることができれば、仕事に困らなくなるのです。

Webライターは自由度が高く、自分をハイスピードで成長させることができる仕事です。

記事作成をするためには、たくさんのインプットと正確なアウトプットが必要です。これをくり返すことによって、自己成長が早まります。

毎回の案件で改善や反省をして、どんどん高度な案件に挑戦することで、Webライターとして経験が高まり、より高い文字単価の仕事ができるようになります。

では、Webライターとして稼ぐにはどんなことをすれば良いのでしょうか?次にWebライティングで稼ぐための3つのステップを解説していきます。

Webライティングで稼ぐための3つのステップ

Webライティングで稼ぐための3つのステップ

Webライティングで稼ぐためには以下のステップを踏む必要があります。

・ライティングの勉強をする

・自分のジャンルを決め、クラウドソーシングに登録する

・初心者向けの案件に挑戦する

それぞれを解説します。

・ライティングの勉強をする

まずはライティングの勉強から始めましょう。

と言っても、ライティングの勉強???なにそれ???って人も多いと思います。

Webライターになるには、ライティングの勉強が必要です。美容師になるには、美容師になるための勉強が必要。ラーメン屋になるにも、魚屋になるにも、デザイナーになるにも、そのための勉強が必要です。

Webライターも同様。Webライターになるための勉強が必要です。

でも、安心してください。難しい資格があるわけではないですし、何年も時間がかかるわけではありません。

基礎だけだったら本を1冊読み込めば大丈夫。(もちろん、Webライターはもっと奥が深いですが)

要するにここで言いたいのは、何も知らずにいきなりWebライターの仕事に応募するのではなく、しっかりと準備して基礎を身につけたら挑戦しましょうということが言いたのです。

ぜひ以下の本を1冊で良いので読んでみてください。できれば、2,3度読み返してください。読んだ内容は、実際に書いてみて実践してください。それだけでWebライターとしてかなり上達することができます。

これでほぼWebライティングの基礎は
マスターできると思います。

1時間でわかる Webライティング
https://amzn.to/3nWKwzD

SEOに効く! Webサイトの文章作成術
https://amzn.to/2XAN0c9

世界一やさしい Webライティングの教科書1年生
https://amzn.to/2Z6VoAi

・自分のジャンルを決め、クラウドソーシングに登録する

Webライターの基礎を本で勉強したら、自分のジャンルを決めましょう。

自分の好きなこと、興味があることで最初は構いません。アウトドアや料理、ペット、仕事に関することでもOK。

ただし、今後は自分のジャンルを専門的に尖らせていきます。そして、稼げるジャンルであることも重要です。ですが、いまはまだそこまで考えずに、実績を積むことを優先していきましょう。

次に、クラウドソーシングサービスに登録しましょう。

とりあえず、クラウドワークスとランサーズに登録してみましょう。他にもいろいろありますが、管理が大変になるので、まずはこの2つから始めましょう。

登録は簡単です。利用は無料です。

登録ができたら、プロフィールを入力しましょう。できるだけ詳しくプロフィールを入力し、写真やWebライターとしての実績を記載します。

Webライターとしての実績が無い場合は、ブログやnoteに記事を書きましょう。それも十分な実績です。

・初心者向けの案件に挑戦する

クラウドソーシングサービスの準備ができたら、初心者向けの案件に挑戦しましょう。

Webライターの初心者歓迎の案件(クラウドワークス)

Webライターの初心者歓迎の案件(ランサーズ)

自分にできそうな案件を見つけたら応募してみましょう。自己紹介だけでなく、クライアントが求めていることを返信にもらさないように。自分の書いた記事をアピールに使いましょう。

以上のステップを踏めば、初心者Webライターとして仕事を始めることができます。

実際に案件を取ったなら、全力で案件をこなしましょう。

もっと細かいことが知りたいとか、相談してみたいという方は、ストアカでセミナーをやっています。ぜひご相談ください。

https://www.street-academy.com/myclass/122444

Webライターって本当に稼げるのか?

ところで、こんな風に思っていませんか?

Webライターって稼げるの?本当に?って。

僕も実はWebライターで稼ぐなんて自信がありませんでした。でも、頑張ったら稼げました。

こちらは、あるクライアント様からのお仕事。3記事で80000円(税抜)のお仕事です。

3記事で合計2万文字、文字単価は4円です。

3記事なら1週間あれば書けます。4週やれば32万円(税抜)。

贅沢を言わなければ、十分に生活ができちゃいます。

Webライターは稼げます。ぜひ頑張りましょう!

まとめ Webライターになって日々を自己研鑽に充てよう

まとめ Webライターになって日々を自己研鑽に充てよう

Webライターは稼げる仕事です。

ぜひWebライターに挑戦して、自分のスキルを高め、自由度の高い人生を送るようにしましょう。

副業でもいいです。おこづかい稼ぎでもいいです。本業を辞める必要はないし、家事や家庭を犠牲にしなくても良いです。

いまできる範囲で、まずはWebライターに挑戦しましょう。

慣れてくれば、月に3万円くらいは稼げるようになります。

毎月3万円も収入が増えると、すごく生活にゆとりができますよ。

Webライターになって日々を自己研鑽に充てましょう。自分が成長できる、それがWebライターの最大のメリットです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です